お通夜のタイムスケジュール

お通夜のタイムスケジュール

「お通夜の日の詳細なスケジュールを知りたい」という方の声にお応えし、一般的な仏式で執り行うお通夜のタイムスケジュールを以下のようにまとめてみました。お通夜も時代とともに変化しています。地域の習慣や葬儀の規模、また宗教によっても大きく変わる場合もありますので、あくまでも目安として参考にして下さい。

【18時~19時にお通夜を行った場合の例】

◎17:30 僧侶到着
控室にご案内し、茶菓子でもてなし、喪主はご挨拶に伺います。

◎17:30 受付開始
式開式30分前に受付を開始します。

◎17:50 一同着席
ご遺族や親族、参列者は所定の席へ着席します。

◎18:00 お通夜開式
導師となる僧侶がご入場し、祭壇の前に座りますので、参列者は導師入場のとき黙礼します。

◎18:03 開式の辞
司会もしくは葬儀担当者から開式の言葉があります。

◎18:05 僧侶読経
お経が始まり、僧侶が退席するまでお経は続きます。通常、この時間は30分~40分程度ですが、お経の時間の長さは宗派や僧侶の方によって異なります。

◎18:15 焼香
僧侶又は葬儀担当者からご焼香のご案内がありますので、喪主からはじめ遺族⇒親族⇒一般参列者の順番で焼香を行います。

◎18:40 僧侶退席
参列者は合掌します。

◎18:55 閉式の辞
司会もしくは葬儀担当者から閉式の言葉があり、お通夜の式が終了します。

◎19:00 通夜振る舞い
お食事やお酒を振る舞います。

◎21:00 通夜振る舞い終了
通常は1時間か2時間で通夜振る舞いを終了します。

以上がお通夜のタイムスケジュールとなります。お通夜の日は終日「夜伽(よとぎ)」といって、線香の火を絶やすことなく伽(とぎ)をしますが、最近は、斎場でお通夜を行うケースも増えたため、その会場の都合によっては、泊まらずに一度お帰りになる方も増えています。いずれにせよ、上記スケジュールはあくまでも目安となりますので、実際には、葬儀の規模や宗派によっても違いますので、葬儀業者から詳しくご説明とご案内があります。

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar