危篤・ご臨終

危篤・ご臨終

お医者さんからの危篤の判断を告げられた場合、ご本人が最期に会いたいと思う方、また、ご家族が最期に会っておいて欲しいと思う方々がいましたらご連絡をしておきましょう。

また、普段を疎遠となっている親子や兄弟姉妹がいたとしても、危篤を告げられたら最期のお別れになるのですから、連絡を入れた方がいいでしょう。

ご親戚へのご連絡は、ご本人との普段のお付き合いの深さを考慮してもいいとは思いますが、後になって「やはり連絡しておくべきだった」とならないためにも、なるべくでしたらご連絡をした方がいいでしょう。ご親族以外でも、ご本人が会いたいと思っている方がいらっしゃった場合は、たとえご家族が面識のない方でもご連絡をしてあげて下さい。

ただし、危篤のご連絡をする際には、深夜・早朝でも状況が状況ですので、一言断りを入れた上で、その旨を端的に伝えることが大切です。連絡方法としては電話がもっとも確実ですが、すぐに相手と連絡が取れない場合は、ファックスや電報(115)で危篤を知らせる方法もあります。

最期を迎えるとき、人はたとえ意識がなくとも声だけは届いていると言います。ご家族やご親族、親しくしていたご友人など、ご本人が最期を過ごしたいと思われる方々で看取ってあげられるようにできれば理想的ではないでしょうか。 また、ご臨終の時を迎えたとき、どれだけ心構えしていても、ご家族にとっては大切なご家族を失った悲しから何も考えられなくなります。しかし、喪主になれる方は、すぐに執り行わなければならない葬儀の決定を次々と行っていかなくてはなりません。そのような状態の中、多くの葬儀業者はご遺族の方々のお心を察し、細心の注意を払って対応をするよう努めていますが、営利だけが目的のような心ない業者ですと、そのような状況を利用しようと考えることは耳にするケースです。

ご臨終後は、末期の水やご遺体を拭いて清めたりといったことを速やかに行う必要があります。ただし、これらは病院でお亡くなりになったのであれば病院が、ご自宅の場合は葬儀業者がすべて対応をしてくれます。

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar