納棺の内容

納棺の内容

葬儀のメインはお通夜と告別式と思われがちですが、ご遺族にとって故人の体に触れる最後の儀式が「納棺」になります。 納棺とは、ご遺体を棺に納めることですが、仏式の場合、納棺の前には「末期の水」「湯灌」「死化粧」が行われ、死装束を身に付けます。ただし、宗教や宗派によって異なります。

・末期の水
ご臨終を告げられ、ご家族や近親者が血縁関係の深い順に、「あの世でノドの渇きに苦しめられませんように」という気持ちを込めて、故人の口元へ唇を濡らす程度にお水を含ませてあげます。

・湯灌
故人の最後の姿を清らかにするため、ご遺体を洗い清めます。通常は病院や業者が行ってくれます。

・死化粧
湯灌が終え死化粧をします。頬がこけていれば含み綿をします。髪を整え爪が伸びていれば切り揃え、男性はヒゲをそり、女性は薄化粧をします。遺髪や遺爪を望む場合は、このときに切っておきます。死化粧も通常は業者が行いますが、死化粧を専門とする業者もいますのでご希望により頼むこともできます。

・死装束
三途の川を渡り四十九日の旅に出るということから、旅僧の姿を模した身支度を「死装束」と言います。死後硬直が始まっていますので、無理をせずご遺体の上に置くだけでも十分です。正式な死装束は①頭巾、②杖、③脚絆、④数珠、⑤経かたびら、⑥手甲、⑦ずだ袋、⑧わらじ、⑨白たびとなります。

棺には、白い薄手の布団を敷いても構いませんが、「一重ぶすま」といって棺の底に敷く専用の三尺三幅の白木綿があり、通常は葬儀業者が用意をします。この一重ぶすまを棺の底に敷き、死化粧を済ませ死装束を着たご遺体を納めます。 棺の中には、故人が愛用していた品や好物などを少量入れたりもします。

地域によっては植えに苦しまぬよう、枕団子や一膳飯を入れることもあります。すべてを収めたら、生花でご遺体を節り棺に蓋をします。この時点では釘は打たず、「七条袈裟」という棺掛けで被います。棺は北枕もしくは西枕で通夜の営まれるお部屋へ運びます。

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar