出棺と出棺のご挨拶

出棺と出棺のご挨拶

葬儀を終えると、故人を火葬するための出棺となります。出棺に先立ち、ご親族やご会葬者によるご遺体との最期のお別れとなるのが「お別れの儀」です。 この時、ご親族やご会葬者の手により、祭壇や棺の周りに飾られていたお花を、順次、棺の中に入れて故人をお花でいっぱいにしてお見送りをします。お花は葬儀担当者が、お盆に入れて準備をしてくれます。このお別れの儀が、故人のお顔を見ることができる最期の時間となります。

「お別れの儀」が終わりますと、いよいよ棺の蓋が閉じられます。棺の蓋は、ご親族のみなさまで手を添えて静かに下ろします。蓋をしますと、次に「釘打ち」を行いますが、このときに釘を打つ場合と、打たない場合があります。 釘を打つ場合は、葬儀業者が金槌で半分打ち、その後に遺族が血縁の深い順に小石で軽く一人2回ずつ打ちます。このとき、「故人が無事に冥土に着きますように」との願いを込めて釘打ちを行います。最後に葬祭業者が金槌で封じるのが一般的ですが、釘を打たない場合は、納棺ご棺に蓋をしてそのまま出棺となります。

釘打ちが終わりますと、出棺に先立ち喪主またはご遺族の代表者による出棺のご挨拶を行います。喪主あるいは遺族の代表者が、故人のためにご会葬して頂いたことへのお礼を述べます。故人と生前お付き合いして頂いたことへの厚誼(こうぎ)の言葉と、今後は遺族へ故人同様のお付き合いをして頂くことのお願いを言葉にします。短くてもご自身の言葉でご挨拶をすることが望ましいのですが、挨拶のことばかりが気になってしまっては本末転倒です。あらかじめ紙に書いておいておき、それを読まれて方もいらっしゃいますので、いずれにせよ、ご会葬の方へのお礼の気持ちを心からお伝えできるよう準備しておくといいでしょう。

ちなみに、本来、「仏は家を出たからには二度と戻って来てはいけませんよ」という意味合いから、ご自宅の玄関ではなく縁側から出棺したものでしたが、現代の住宅事情では玄関からしか出せないことから、昔の出棺の風習が薄れつつあります。

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar