家族葬と宗教

家族葬と宗教

一般葬は、仏式、神式、キリスト教式と宗教による儀式であることがほとんどですが、家族葬の場合、宗教にこだわることはなく、最近では家族葬を行う方の3分の1が無宗教だと言われています。ここでは、家族葬と宗教との関わりについて考えてみます。

現在の日本では、お正月に除夜の鐘をついたかと思えば、キリストのお誕生日とされるクリスマスを祝ったり、クリスチャンでもないのに教会で結婚式を挙げ、神父の前で永遠の誓いをたてたりするなど、さまざまな宗教がミックスされています。 また、我が家は代々仏教徒だからと仏式の葬儀を執り行ったとします。

しかし、現在行われている多くの仏式葬儀にも宗派がミックスされたりするケースも少なくありません。たとえば、仏式の葬儀では、棺を閉じるときに石でクギを打ちつける光景をよく見ますが、これは石の“魔力”で死者の“霊”を封じ込め、災いを防ぐという意味が込められています。これは、出棺のときに棺をぐるりと回し、“霊”が迷って戻って来ないようにするのとも同じ意味があります。 しかし、お盆になると灯明をたいて「迷わずにお帰りください」としています。霊が迷って戻って来ないようにと棺を回したり、迷わず戻って来てくださいと灯明をたいたり、「どうすればいいの?」と故人も頭をかかえているのではないでしょうか。

こうした光景も、一重に宗教や宗派がごちゃ混ぜになっているためであり、なんでもござれの宗教だからと言えるでしょう。 また、家族葬と宗教の関係を考えるときに大切なのは、宗教によって死後の世界観の違いがあるということです。お釈迦様の説く仏教では、死後の霊の存在を認めていませんし、遺体にも未練はないのですから、本来ならばお墓の必要性もないはずです。

一方、儒教の場合は霊と肉体の二元論ですから、少なくとも骨がなければ霊が戻るところがありませんのでお墓は必要となります。 キリスト教やユダヤ教、イスラム教は同じ神様ですから、死後も復活説は同じですし、霊と肉体の二元論ですから、最後の審判で復活するために土葬で埋葬します。 また、神道の場合、死後は霊だけの一元論となりますので、遺体は穢(けが)れの対象です。遺体よりも霊の方が重要とされ、靖国神社には遺体は埋葬されず、霊だけを鎮魂しています。

このように宗教によって、死後の世界観や死生観が違ってくるのです。

■ 神奈川の家族葬
 

 

Calendar