家族葬

家族葬

家族葬は、昔ながらの参列者を迎えての一般葬と異なり、会社関係の方や町内会の方などには広くは知らせずに、家族や親族、親しい方のみで行う葬儀のスタイルとなります。最近注目を集めている家族葬の特徴は以下のような点です。

・祭壇は生花祭壇
・香典や供花などを辞退する
・葬儀が終わった後に死亡の通知を出す
・ケースにより葬儀後にあらためてお別れ会をする

本来は、友人や知人、会社関係者などが参列するのが「告別式」で、ご遺族や親戚などだけで行うのが葬儀となります。ですので、昔はわざわざ家族葬と言わなくとも、自然と葬儀=家族葬という形になっていました。ところが、最近では葬儀と告別式を同時に行うパターンが増えているため、それと区別するため「一般葬」「家族葬」などという言い方に変わってきたようです。

ただ、昔は、葬儀は家族だけで行っていのですが、最近の家族葬は親しかった友人など、30人くらいの少人数で行われることが多くなっています。 ですので、家族葬と一般葬の大きな違いは、葬儀に呼ぶ人数の規模ということになります。一般葬に比べ、家族葬は本当にごく親しい方だけに集まっていただく葬儀です。そこには、親しい方だけとゆっくり故人とのお別れのひとときを過ごしたいという気持ちが込められています。

一般葬では、故人との別れを惜しんで泣き続けることもできませんが、家族葬ならば身内だけですので思う存分泣くこともできますし、ゆっくりと話しかけることもできます。それが一番の家族葬のメリットだといえます。そしてもう1点。家族葬のメリットは、やはり費用をかなり安く抑えることができるという点でしょう。 ただし、一般的にはまだ家族葬は新しい葬儀スタイルだけに、風当たりが強いということは頭の隅に入れておいて下さい。

世間体や昔からの習慣を大事にするご親族からは反対される可能性もあります。また、後になってから文句を言われる可能性もあります。ですので、ご遺族の間で「費用が安い」「故人の遺志」など、こういう理由があるから家族葬にしたということを明確にしておいた方がいいでしょう。

■ 東京都下の家族葬

 

Calendar