家族葬の形式

家族葬の形式

家族葬は格式や規模にこだわらず、本当に故人と親しかった方だけでお別れの時間を過ごす葬儀スタイルとなります。そのため、ご自宅や小さな式場をお借りしての葬儀となることが多いようです。また、後日、「本葬」や「お別れ会」を考えている場合は、「密葬」は行わないものの、最後の「お別れ会」として故人やご遺族の意向を最大限に取り入れた形のものとすることが多いでしょう。 また、家族葬の1/3は無宗教の方ですが、ここでは仏式、神式、キリスト教式など、家族葬の様々なスタイルについてご説明しておきます。

●仏式の場合の家族葬
通夜+葬儀・告別式を執り行う一般的な葬儀のスタイルとなります。お通夜をご遺族だけでゆっくりと過ごし、葬儀当日のみ、ご僧侶に読経(どきょう)をお願いするのが一般的です。

●神式の場合の家族葬
神式のお葬儀は、正式には「神葬祭」「葬場祭」と呼ばれています。 仏式のお通夜にあたるのが「通夜祭」、葬儀・告別式にあたるのが「葬場祭」となります。神式の場合「死は忌み嫌うもの」とされていますので、葬儀は自宅か式場で行われ、神社で葬儀を行うことはありません。ですので、ご自宅での葬儀ができない場合は、別途式場を手配しなければなりません。

●キリスト教式の場合の家族葬
キリスト教式のお葬儀は、仏式のお通夜が「前夜式」となり、葬儀にあたるのが葬式もしくは告別式となります。前夜式はご遺族やご親族が中心となり、弔問の方のほとんどは告別式に出席するようになります。

●無宗教の場合の家族葬
宗教や形式にとらわれないのが無宗教の家族葬となります。故人の好きだった音楽を演奏したり、故人とご縁の深かった方から弔辞をいただいたりします。ご焼香の代わりに献花をするケースもあり、さまざまな形式で執り行われます。ただし、決まった形式がないという分、事前の綿密な打ち合わせが必要となります。

●音楽葬
仏式でいえば「読経」、キリスト教式でいえば「讃美歌」というように、家族葬は無宗教の方が行うことも多いため、故人が生前愛していた曲やご関係の深い音楽を会場に流すのが音楽葬です。式の進め方などに決まりがないため「自由葬」とも呼ばれています。

Calendar