死亡通知や会葬礼状の句読点

死亡通知や会葬礼状の句読点

死亡通知や会葬礼状をいただいたときに、句読点を使っていないことに「なぜだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?

死亡通知をはじめ、会葬礼状や七七日忌(四十九日)法要のご案内、お礼状、香典返しに添えるお礼状などの文中には、「、」や「。」の句読点が入っていませんし、行頭を揃える体裁になっています。それは“重要儀礼文書としての慣例”だからです。もっとも、これはあくまでも習慣ですので、絶対という訳ではありません。 では、なぜ会葬礼状などに句読点を使わないのでしょうか? その理由には次のような3つのの説があります。

●理由1
もともと書状は毛筆で書かれていましたが、毛筆の書状にはもともと「、」や「。」を使用していなかったため、会葬礼状にも「、」「。」を使用しないというのが正式だという説があります。

●理由2
葬儀や法事が滞りなくスムーズに行われますようにという意味や、つつがなく終わりましたという意味を込めて、文章が途切れるような「、」「。」を使用しないという説があります。冠婚葬祭に関する案内状や挨拶状全般にも「、」「。」を使用しないのは、式や行事が滞りなくスムーズに行われますようにという意味だという説があります。

●理由3
「、」や「。」は、あくまでも読み手が読みやすいようにつけられたものであり、読み手の補助をするものと考えられています。ですので、あらかじめ句読点をつけた書状を送るのは、読む力を充分にそなえた相手に対して失礼であるという意味で、読み手に対する敬意から「、」や「。」を使用しないという説があります。

死亡通知や会葬礼状などに句読点をつけないのには、以上のような3つの理由があります。 もちろん、昔からの慣例ですから、句読点を付けたり、行頭を揃えない体裁であっても間違いではありませんが、お送りする相手の方が年配者である場合、やはり慣例に従った方が失礼にならないでしょう。

また、「拝啓」などの頭語や「敬具」などの結語を入れず、時候の挨拶や相手の安否を問う前文の挨拶も省いて主文から書き出しますが、会葬御礼状の場合、結語、[謹啓]、[敬具]を使用してもかまいません。

葬儀地域別情報・神奈川県(横浜市)
葬儀 鶴見区 葬儀 神奈川区 葬儀 西区 葬儀 中区 葬儀 南区
葬儀 港南区 葬儀 保土ヶ谷区 葬儀 旭区 葬儀 磯子区 葬儀 金沢区
葬儀 港北区 葬儀 緑区 葬儀 青葉区 葬儀 都筑区 葬儀 栄区
葬儀 泉区 葬儀 瀬谷区 葬儀 戸塚区
葬儀地域別情報・神奈川県(川崎市)
葬儀 川崎区 葬儀 幸区 葬儀 中原区 葬儀 高津区  葬儀 宮前区
葬儀 多摩区 葬儀 麻生区

 

Calendar